スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
韓国スーパー脇役スペシャル~ドラマ“復活編”
2006/12/14(Thu)
アジアドラマチックTV So-netで放送された
『韓国スーパー脇役スペシャル~ドラマ“復活編”』

『復活』名脇役6人の、撮影現場での裏話や共演者とのエピソードが聞けたり、日本の『復活サイト』で募集した質問に答えてくれたりと、なかなか面白い番組でした。

中でもアン秘書役を演じたチョ・ジェワン氏の、テウン君との裏話はとてもほんわかしていて、ぜひ二人の対談が見てみたいな~なんて思ったりしました^^;

番組紹介ページ

スポンサーサイト
この記事のURL | 『復活』 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
【復活祭 in Japan】
2006/10/03(Tue)
『復活』をこよなく愛する皆さんの集まるサイト「復活パニック in Japan」
こちらのサイトで
「復活を見た貴方の感動をぜひ!監督に伝えよう」
という企画が進んでいます。

私も4月から半年間『復活』にハマりました。
こんなに夢中になったドラマはひさしぶりでした。
”ぜひパク・チャンホン監督に感謝の気持ちを伝いたい!”
そこで私もこの企画に参加させていただきました。


『復活』という作品をこの世に送り出してくださったこと・・
『復活』という素晴らしい作品にめぐり会えたこと・・
心から感謝しています。
『復活』よ、永遠に・・。

「부활」이라는 작품을 이 세상에 내보내 주신 것・・
「부활」이라는 훌륭한 작품에 만날 수 있었던 것・・
진심으로 감사하고 있습니다。
「부활」이야, 영원히・・。




9月の終わりからちょっと忙しく、ハガキは凝ったデザインを考える時間がなかったので
メッセージだけは手書きで頑張りました。
この記事のURL | 『復活』 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
買っちゃいました(^_^;)
2006/09/15(Fri)
13日最終話を観終った瞬間、私の心は決まりました・・。



『復活』DVD BOX ディレクターズカット韓国版



日本版は悩み中・・。
ノーカットで音楽差し替えもなければ欲しいけど・・どうなんだろう??
この記事のURL | 『復活』 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
『復活』#24 ~最終話~
2006/09/13(Wed)
この半年私の生活の一部だった『復活』が、今日最終話を迎えました。


「全ては巡り巡って、出発点で完結します。過去の罪は出発点に戻り、今ようやくピリオドが打たれます。
僕の名はソ・ハウン・・そしてユ・ガンヒョク。死んだ弟の分身です。」

イ議員とサングク会長に正体を明かしたハウン。

出国する飛行機の中で、イ議員が自分を捨てた父親だと知ったヒスは、出国をやめイ議員に会いに行く。
「ずっと願ってた・・いつか自分を捨てた父親に復讐してやろうと・・。」
ヒスと会った後自ら命を絶ったイ議員。

夫ゴナと息子シニョクの命を奪ったのがインチョルだと知った母イファは、指輪と手紙を残してシニョンと家を出る。
「夫と息子を殺した男と共に過ごした自分を恥じる・・。」
全てを失ったインチョルもまた自ら命を絶つ・・。

ヒスは、自分を騙し父を死に追いやったハウンに刃を向ける。
ヒスを助けるためナイフの指紋をワイシャツでふき取るハウン。
遠のく意識の中、ハウンは灯台にウナの姿をみつける。
走り寄るハウン・・でも近づくとウナの姿がない・・。

1年後・・
ウナは昔3人で暮らした家に住んでいた。しかしそこにハウンの姿はない。

刑務所のヒスの元へ、チョン社長が訪ねてきた。
そっとメモを差し出すチョン社長。そこには母ミン・スヨンの住所が書かれていた。
「兄貴に会ったのか?」
「いや、手紙を受け取った。お前との約束だからと・・。」
「兄貴にあったら伝えてくれ・・”生きていてくれてありがとう”」


「戻ってはこないだろうと、人は言うけれど、私には分かっています。ここに戻る為に、彼は苦しく遠い道のりを歩いている事を・・。」


終わりは新たな始まりを意味します。
この物語があなたの心の出発点となりますように・・・






父ゴナと弟シンヒョクの復讐を終えたハウン。
でもその復讐によって罪のない人を巻き込み傷つけた代償はあまりにも大きかったですね。
特にヒスを復讐に加担させてしまったことへの罪悪感は大きかったのでは?
ナイフのヒスの指紋をふき取ったのは、ヒスをそこまで追い込んでしまったことへの、彼のせめてもの罪滅ぼしだったのでしょう。

インチョルとイ議員の死も、きっと予期せぬ出来事だったはず。
彼が望んだのはけして死の代償だったわけではないのだから・・。

ラストのシーン・・一人歩き続けるハウンの姿がとても印象的でした。
この先もずっと「復讐」を背負って生きていく・・彼の背中がそう物語ってるように感じられました。

彼自身が自らの犯した罪を償い、彼の中からシニョクが旅立った時この復讐は完結し、ソ・ハウンとして”復活”する・・そう願ってます。



大好きだったドラマが終って、ただ今抜け殻状態です・・。
パク・チャンホン監督を始め出演された俳優の皆さん、スタッフの皆さん
素晴らしい作品に出会えたこと、とても嬉しく、感謝しています。
ありがとうございました。

しばらくは余韻にひたって、また新たに楽しめるドラマを探したいと思ってます。
この記事のURL | 『復活』 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
『復活』#23 *ネタバレあり
2006/09/07(Thu)
サンチョルの告白に驚くハウン。
「まさか義父が・・。」そう思いつつ、これまでのインチョルの行動や言動を振り返る。

ガンジュは父イ議員とパク・ヒスとの関係を疑い始める。
そしてヒスの母親がミン・スヨンだということを知る。

ヒスを呼び出したイ議員。
「ただ一緒に飲みたかっんだ・・。後悔しないように生きろ。道を誤ったと思ったらすぐ引き返すんだ。戻りたくても戻れなくなる前に・・。」
「先生をお手本にします。」

ハウンが以前訪ねたイム・デシクが通った教会の神父様から、イム・デシクの残した手紙が見つかったと連絡を受けたギド班長とスチョル。
その手紙は何かのメッセージのようだった。

ハウンの隠れ家を訪ねたウナ。
「お兄さん、灯台を見に行こう。」
「あぁ行こう。」
「今から行こう。一晩中走れば朝には着いて日の出も見れるわ。会社は休んじゃう・・あっそのまま江陵に住もう。お父さんとおにいちゃんと3人で。」
「・・。」


ヒスはハルモニから実母がまだ生きてるかもしれないと聞き、探すと言い出す。
ヒスの身を守るためハウンは、「母親は俺が探す。だから出国しろ。」と説得するが、ヒスは言う事を聞かない。
「1週間だけ・・それでダメなら出国するから。その時は兄貴が代わりに探してくれよ、親父も一緒に。」

武陵建設に本物のS・リーが訪ねてきて焦るハウン。
チョン社長はヒスにこの事を告げ、必ず1週間で出国するよう念を押す。

ガンジェはイ議員に、以前この事務所で会ったのがパク・ヒスで、彼の母親がミン・スヨンであると話す。
「彼はS・リーと言って・・。」
「パク・ヒスのことは調べがついてるの。彼はお父さんの子供なんでしょ?」

驚くイ議員・・。

本物のS・リーの出現で、詐欺にあったことを知るイ議員とサングク会長。
香港へ多額の送金をした後のサングクは、ショックで倒れる。

ハウンはイム・デシクからの手紙を読み、礼拝堂の壁掛けの後ろから証拠らしきものを見つける。
会社へ義父インチョルを呼び出したハウン。
「あらためてご挨拶を、カン・インチョル会長。貴方の唯一無二の親友ユ・ゴナ刑事の息子、ユ・ガンヒョクです。」



義父インチョルが父親を殺した黒幕だったと知ったハウン。
父を殺しておきながら母親と再婚するなんて・・インチョルこそ真の悪人だわっ・・。

”母親が生きてるかもしれない・・。”そうわかった時のヒスの嬉しそうな顔が、見ている私はとても悲しくなりました。
”親父も一緒に探す・・”もう会ってるんだよね・・。
自分の父親が、自分が詐欺を働いたイ議員だと知ったら、ヒスはどうなっちゃうんだろう??
そしてどんどん真実に近づいていってるガンジュ・・。

最終話・・みんなが幸せでありますように・・。

この記事のURL | 『復活』 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。