スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
『おいしいプロポーズ』
2006/04/30(Sun)
このところ韓ドラ漬けの生活を送っていますが、唯一楽しみに観ている日本のドラマがあります。
(忙しい忙しいと言いつつ、ドラマだけはしっかり観てる私・・

TBS日曜夜9:00~『おいしいプロポーズ』

長谷川京子さん演じるイタリアで修業を積み、周囲からは「口は悪いが腕はいい」と言われる勝気な美人女シェフ白石鈴子と、小出恵介君演じる世間知らずのヤングセレブ葛城春樹
お金で世の中どうにでもなるといった春樹の態度に反感を覚え、こんな嫌な奴は自分の恋愛の対象には絶対にならないと思っていたが鈴子が・・という感じで始まったこのドラマ、どうもドタバタラブコメディらしいです(笑)
1話からすっかりハマりました
相変わらず何も考えないで笑えるドラマが好きな私にはピッタリ
なんとな~く先が読めますが(笑)

TBS『おいしいプロポーズ』公式HP
長谷川京子プロフィール
小出恵介プロフィール
スポンサーサイト
この記事のURL | 日本のドラマ | CM(4) | TB(0) | ▲ top
『復活』#4 ネタバレあり
2006/04/28(Fri)

<画像出所:KBS『復活』HP>



”ハウンが、自分が尊敬するユ刑事の息子ユ・ガンヒョク・・”
20年前の交通事故でユ刑事と一緒に死んだものと思っていたガンヒョクが生きてるとわかった時の嬉しさから、ドンチャンの手下に刺されて重症を負い、一瞬にして奈落の底へ突き落とされた班長。
「お前の本当の名前は、ユ・ガンヒョクだ…」
瀕死の重症を負いながらも、ハウンに真実を伝えようとする姿にでした。

班長が肌身離さず持っていた手帳。
その中にはユ刑事が追っていた事件の新聞の切り抜き、そして挟まれていた1枚の写真。
その写真の中には若い班長と男性、そして幼い頃の自分が・・。
夢の中に出てきた断片的な記憶と班長の言葉・・やっと自分が父であるユ刑事と共に事故にあい、記憶を失くしたガンヒョクであるということを思い出すハウン・・。
写真の中の父を見つめ涙するハウンの姿にまたまた

そしてハウンは実弟がおり、その弟がムルン建設の副社長ユ・シンヒョクであることを知る。
弟が江原道のホテルにいると知って会いに行くハウン。
そこで見たのは自分と同じ顔を持つ弟シンヒョク・・。


*4話のツボ
ウナが武陵建設の入社試験にパスしたと喜ぶアジョッシ。
「ハウンが刑事になった時が2番目で・・ウナが入社試験に合格したのが1番幸せ」
いっつも憎まれ口ばかりなのに、ホントはハウンに事が心配でたまらないのね(笑)

「会いたい・・」
ウナに電話するハウン。
心は不安で一杯なのに強がるハウン、そんなハウンを心配するウナ・・見ていて痛かったぁぁ


一気に来た~~~って感じです(笑)
記憶を取り戻し、父の写真を見て涙するハウンに
すっかり”復活パニック”です
20年前の事件とイム・デシクの自殺が繋がって、これからの展開が楽しみ!
この記事のURL | 『復活』 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
『家族の誕生』
2006/04/26(Wed)


テウン君最新映画『家族の誕生』です。
この映画でテウン君とコドゥシムさんが夫婦役を演じます。
・・どう見てもオンマなんだけど・・
テウン君の後ろでバイクに跨るコドゥシムさん・・代わって下さい

日本での公開は・・どうかなぁ??

公式HP


この記事のURL | 韓国映画 | CM(3) | TB(0) | ▲ top
あの日から1年・・
2006/04/25(Tue)
死者107名、負傷者555人を出したJR福知山線の脱線事故から早1年・・。
今日は朝から追悼慰霊祭が行われました。

去年の今日、何気にTVを見ていて入ってきたニュース速報。
そしてそれから数分して画面に映し出された、あまりにも信じがたい映像・・。
安全だと信じきっていた電車の事故に、とてもショックを受けました。
事故後現場近くを電車で通った時、電車が突っ込んだマンションを見て、改めて事故の大きさを実感したのを覚えてます。

追悼慰霊祭で、2両目に乗車していてお母様と叔母様を亡くされ、自分だけが助かった女性・・。
「どうして私だけ生き残ってしまったのか・・何のために生きているのか・・。」
一瞬にして大切な家族や友人を亡くされた方はもちろんのこと、助かった多くの方々も、1年経った今でも苦しんでおられます。

”安全重視”のダイヤに改正されても、100%安全とは言い切れません。
JR西日本は同じ過ちを起こさないよう、この日をけして忘れないでいて欲しいと思います。
この記事のURL | つぶやき | CM(3) | TB(0) | ▲ top
なにかと忙しい新学期・・
2006/04/22(Sat)
新学期が始まって早2週間。
今週は学校関係の用事が多く、少々お疲れ気味です

昨日は下の娘の学級役員選挙ありました。
事前に無記名投票があり、上位5名の保護者には子供を通じて封筒が届けられます。
上の娘の時は6年間1度も当たることなくすり抜けてきたので(笑)今回も「運がよければ・・」と思っていたんだけど、甘かった
その選ばれた5人(3クラスなので計15人)が昨日集まりまず各クラス役員2名を選ぶんだけど、これはもう「やります」って言いました。
(6年生で当たると何かと大変らしいので・・)
その後各クラス役員計6名から学年正副代表を選ぶアミダクジがあり、見事(?)副代表に

・・ということで、今年はクラス役員&子供会役員と当たり年に・・。
1年頑張ります

そして今日は中学校の初授業参観でした。
入学式とはまた違った緊張感があって、たった1時間のことなのに帰ってきたらバタンキュー

来週は小・中とも家庭訪問があります。
これまた何を聞けばよいやら・・頭痛いです
この記事のURL | 家のこと | CM(7) | TB(0) | ▲ top
『復活』#3 *ネタバレあり
2006/04/19(Wed)
「ヒョン、カジマァ・・」夢の中でそう語りかけるもう一人の自分・・。
夢の中では断片的にでも記憶が蘇るのに、現実には何も思い出せていないハウン。
3話は冒頭から泣けるシーンで始まりました。
ハウンとシンヒョクの幼少時代を演じる子役ちゃん・・いい演技してます

「もう20年よ。このままずっと兄弟のフリを続けなきゃイケないの?どうしてダメなの?」
自分の想いをハウンにぶつけ、抱きつくウナ。
そのウナの思いを受け止められないハウン。
抱きしめてあげられない手がもどかしくて・・「妹だから・・」その気持ちがハウンを苦しめてるんだよね。
思わず「もう正直になってもいいよぉ~」って叫びそうに

傷心のウナが向かったのは、幼い頃二人が育ち、断片的に戻るハウンの記憶の場所でもある灯台。
ウナを探す間、幼い頃からの二人を思い出し、やっとウナへの想いを隠すのをやめようと決意するハウン。
灯台にウナの姿をみつけ、
「ごめん、待たせたな。この灯台みたいにお前の声が届くところに立って、いつもそばでなぐさめていられたらそれで十分だった。
俺は自分がどこの誰なのか何の記憶もない。お前の記憶さえあれば十分だと思ってる。それ以上求めたらその記憶さえ消えそうで怖かった・・。」

やっと心が通じ合ったハウンとウナ・・。

キスシーン・・ドキドキしちゃったわっ


<画像出所:MBC『復活』公式HP>


帰り道、照れ隠しにキャップを深く被るハウン・・かなりのツボです

次の日、ウナからプレゼントされた手作りのブレスレット。
「ハウンとウナは運命共同体」
ブレスレットに込められた意味を聞いて喜ぶハウン。


<画像出所:Uhm Tae Woong公式FC>


このちょっとはにかんだ笑顔に完璧にK.Oされました、私(笑)

3話はハウンとウナの幸せなシーンが多くて・・でも、これからはきっとハウンの辛い姿をたくさん見なきゃいけない・・。
この記事のURL | 『復活』 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
『新入社員』#5~#6 *ネタバレあり
2006/04/18(Tue)

<画像出所:『新入社員』MBC公式HP>


研修で女性用補正下着を売る羽目になったカン・ホが、自分を格闘家にスカウトした丸山会長(なぜに日本人)に「奥様のサイズは・・?」」と勧めるシーン。
手にしっかりと下着を握りしめセールスする姿・・面白すぎる
一応ヤル気はあるようなんだけどどこかダルダルしてるカン・ホに、兄さんを重ねてしまう(笑)

そしてそして『新入社員』を見た誰もが気になって気になって仕方ない彼・・



カン・ホの弟、ミン・・キモ可愛い
ソウル大を目指して(?)浪人中なんだけど、どうも勉強はできないみたい
彼の行く末も心配だわっ(笑)
この記事のURL | 韓国ドラマ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
『新入社員』#1~#4 *ネタバレあり
2006/04/15(Sat)

<MBC『新入社員』公式HP>


かなり遅ればせながらですが(笑)兄さん主演のドラマ『新入社員』観始めました。(ララこまうぉよ~
去年韓国で放送されてた時は、ネット視聴2話で脱落
日本語字幕はホントありがたいです

*あらすじ
万年就職浪人で家族の冷遇にも屈せず、特有のずうずうしさで一日一日を堪えるプー太郎カン・ホ(ムン・ジョンヒョク[エリック])。
そんなカン・ホが、彼の同級生ボンサム(オ・ジホ)にふられ漢江の橋の上から投身自殺しようとしていたミオク(ハン・ガイン)を助ける。
カン・ホはボンサムが勤めるイ一流企業の入社試験を受けることになり、どういうまちがいか首席合格してしまう。
「新入社員」カン・ホの行く末は・・。


度重なる手違いで一流企業へ入社してしまうカン・ホ。
暢気で厚かましいキャラ・・これがなんともイケてます(笑)
あまりの面白さに一気に4話観ちゃいました(笑)

これまではカッコイイキャラを演じることが多かったエリック。
どこまで自分を壊して演じてるのか・・かなり期待大のドラマです。

ツバメ姿もまた可愛い・・

<MBC『新入社員』公式HP>
この記事のURL | 韓国ドラマ | CM(4) | TB(0) | ▲ top
『復活』#2 *ネタバレあり
2006/04/13(Thu)

<画像出所:『부활』KBS公式HP>


*あらすじ
ハウンは、イム・デシクの死が自殺ではないと確信し捜査をして行く。
ハウンの上司、キョン・ギドは現場の壁に書かれた「ヤン・マンチョル」という文字を発見し、20年前のある事件との共通点を感じる。警察は、参考人としてホテル経営者のチェ・ドンチャンへの尋問を行うが、彼には完璧なアリバイがあった。
ハウンは、この事件に国会議員イ・テジュンが係わっているという事実を知るが、警察署長の突然の捜査中止命令を受けて大きく反撥する。
そんな折、ハウンは義父のジェスにウナの見合いが上手く行くように手筈を整えて欲しいと頼まれてしまう。何も知らず見合いの席に行き、ハウンに裏切られたような気持ちになるウナ・・・
20年前の事故で父と兄を失った傷で、冷笑的で理性主義者になったユ・シンヒョクは、小さい頃住んでいた家の前に立っていた。あの日、勝手に父の車に乗り込んだ兄とした約束を守らなければ・・と後悔し、重責の思いを感じていた頃、ハウンは夢にうなされていた。自分と同じ顔のもう一人の自分・・悪夢から覚めたハウンは、ひどい汗をかいていた。
一方、イム・デシク自殺事件を捜査する刑事が 20年前死んだと思っていたユ・ガンヒョクという事実を知ったテジュン、サングク、ドンチャンは対策を企む。
(so-net『復活』公式HPより抜粋)


ハウンとシンヒョクの父親の死の真相が明らかになってきました。
ただその事実は二人はまだ知らなくて・・でも事件後離れ離れになった二人の距離は、確実に近づいてきています。
ホテル前でニアミスした瞬間思わず「あ~~~っと叫んでました(爆)

2話のツボなシーン


<画像出所:『부활』KBS公式HP>

ハウンがウナの鼻を指で撫でるシーン・・ドキッとしちゃいました
(私もして欲しい・・激しく妄想


<画像出所:『부활』KBS公式HP>

酔っ払ったウナをおんぶして帰ったのに家に入らす「風が気持ちいいからもう1周・・」と呟いて、来た道を引き返すハウン・・ウナへの想いで心は一杯のはずなのに”大切な妹”として接しようとしているハウンの心がとても切ないよぉ

物語のテンポが早く、1時間があっという間に過ぎていく感じです。
テウン君演じる熱いハウン冷血なシンヒョク・・どっちも好きだわっ(笑)
この記事のURL | 『復活』 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
『TYPHOON』 *ネタバレあり
2006/04/12(Wed)

<画像出所:『TYPHOON』yahooサイト>


『TYPHOON』観に行ってきました。
韓国映画史上最高額の製作費180億ウォン(約18億円)・・納得のいく、スケールの大きな映画でした。

*あらすじ
朝鮮半島に深い怒りを向ける海賊シン(チャン・ドンゴン)は、目的遂行のため、米軍の船舶を襲い、核ミサイルの衛星誘導装置を強奪する。シンの“半島消滅計画”を阻止するべく派遣された、海軍大尉カン・セジョン(イ・ジョンジェ)は、“南”への亡命を希望しながらも、拒絶され命を落とした不幸な一家の生き残りであるシンにいつしか友情にも似た感情を抱き始める。過酷な運命の果てに、2人の男の前に現れた美しい女性チェ・ミョンジュ(イ・ミヨン)。海上を疾走する「TYPHOON号」の上で、3人の悲しみが交錯する……。


「南北分断の悲劇」がテーマのこの映画。
けして過去の話ではなく、今も続く脱北者の問題・・いろいろ考えさせられるものがありました。

涙するシーンも多いのだけど、私が特に胸を打たれたのが、カン・セジョンが命を懸けて祖国を守るために、国家の上層部に内密で「タイフーン号」に向かって出動するシーン。
母に手紙を残し出動する姿に胸が熱くなりました。

そして「TYPHOON号」でのシンとの戦いの時、シンがセジョンに言った言葉・・

「トンム(同志)よ。世間、狂っていると思わないか?」

南北分断によって引き裂かれた民族の悲劇がすべて集約された言葉だと思います。

『TYPHOON』日本公式HP

予告編


<画像出所:『TYPHOON』yahooサイト>
この記事のURL | 韓国映画 | CM(3) | TB(0) | ▲ top
2006 Shinhwa Asia Tour in Seoul Promo Video & The 8th album site
2006/04/11(Tue)

click here!



SHINHWA The 8th album site
click here!


8集サイトもオープンして、いよいよカウントダウン
6人揃って、元気な姿でComebackしてね
この記事のURL | SHINHWA | CM(0) | TB(0) | ▲ top
入学式
2006/04/10(Mon)
今日は上の娘の中学校の入学式でした。
卒業式に引き続きまたまた
「誰が雨女・雨男や~~」

初めての中学校ということで、母娘とも朝から微妙な緊張で
クラスメートに知った顔をたくさん見つけて、やっと落ち着き(笑)
担任の先生(男の先生でした)も優しそうで一安心

明日からお弁当作りも始まります。
旦那さんのお弁当を作ってるのでそんなに苦ではないのだけど、おかずがっ・・(あんまり手抜きできなくなる・・)

新しい環境に慣れるまで、もうしばらくバタバタしそうです・・。
この記事のURL | 家のこと | CM(6) | TB(0) | ▲ top
SHINHWA~ ONE TO THE SIX~
2006/04/08(Sat)
Coming soon!

Flash←click here






<画像出所:3asian>
この記事のURL | SHINHWA | CM(2) | TB(0) | ▲ top
『波浪注意報』夏公開~♪
2006/04/07(Fri)
テヒョン君&へギョちゃん主演の『波浪注意報』(邦題:『My Girl & I』)の日本公開が夏に決定したそうです

Warner Bros.近日公開作品

当初は秋頃公開の予定だったけど、やっぱり夏の映画だからねぇ・・。
公開に合わせて、二人揃って来日?
・・舞台挨拶だけだよねぇ、きっと・・


<画像出所:Paran cyworld>
この記事のURL | 韓国映画 | CM(8) | TB(0) | ▲ top
SG Wannabe 「My Man」 MV
2006/04/07(Fri)


再生ボタンをクリック!


ひさしぶりのシナネタ(笑)

SG Wannabe3集タイトル曲「My Man」MVです。
これがフルバージョンではなく、Anyclub MVのように part1・ part2と分けて出るみたい。
やくざなどんちゃん・・カッコイイ

そしてそして、シナデビューシングルのタイトルが遂に決定

『僕らの心には太陽がある』


ダンスナンバー
バラード
・・微妙・・
この記事のURL | SHINHWA | CM(5) | TB(0) | ▲ top
『復活』#1 * ネタバレあり
2006/04/05(Wed)

<画像出所:yahoo korea>


あらすじ
20年前のある豪雨の夜、一人の男が血だらけの子供を抱えて父と娘の貧しい家を訪ね、その子供を預けて去っていく。
子供の名前はユ・ガンヒョク。しかし事故のせいで記憶を失っていて、彼は養父ソ・ジェスによって”ハウン”と名づけられる。
20年後ハウンは正義感の強い刑事となり、犯罪捜査をしていた。20年前の事故で7歳以前の記憶を喪失しているが、ジェス、義妹ウナとの生活は幸せだった。
ある日、ソウル市内のマンションで一人の男の死体が発見される。死体の男はイム・デシク。状況から自殺と見られたが、ハウンはいろいろな状況から他殺を主張、新しく赴任してきたキョン班長もこの事件が20年前の先輩刑事の死に深く関わっているのではという疑問を持つ。
イム・デシクの経営したホテルの副社長チェ・ドンチャンは事情聴取に訪れたハウンの顔を見て激しく動揺する・・。



ずっと観たいと思っていた『復活』の放送がいよいよ始まりました。
このドラマ、とにかく登場人物が多くて(笑)正直まだ主人公の4人しか把握できてません

物語は、7歳以前の記憶を失ったハウンが、夢の中で断片的に記憶を思い出すシーンから始まります。
この記憶がこれから先のストーリーの展開の大きな鍵となるわけです。

このドラマでテウン君は双子の役を演じています。
兄ソ・ハウン(ユ・ガンヒョク) 刑事
弟ユ・シンヒョク ムルン建設副社長

まったく違う運命を歩むことになった二人をテウン君がどう演じていくのか、とても楽しみ
ビョン・ハクトが初恋の私には、まったく違うキャラクターのハウンは、テウン君の新たな魅力を発見させてくれそうです
麻薬の売人を追い詰めて威嚇射撃するシーン(のサジン)・・拳銃を構える姿があまりにもカッコ良くて、思わず倒れそうに(笑)
これから半年、きっとこんな調子でテウン君にハマっていくと思われます!
あっ・・すでに陥ってしまってるかな?(笑)


<画像出所:yahoo korea>
この記事のURL | 『復活』 | CM(3) | TB(0) | ▲ top
so-net『復活』公式HPオープン!
2006/04/05(Wed)
so-net『復活』公式HPが本日オープン
あらすじや人物相関図はもちろん、テウン君からのお祝いのメッセージも届いています。

so-net『復活』公式HP

そして『復活』の放送を記念して、あやままさんのブログ「The オム・テウン」にて

「復活」ハプチェ(合体)イベント

を開催中~。
このイベントに私も参加させていただいてます
これから最低週1度(で済むのか?自分・・)は、『復活』そしてテウン君を熱く語りたいと思ってますので
皆さんどうぞお付き合いよろしくです(笑)



1話の感想はまたのちほど・・。
この記事のURL | 『復活』 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
せんいるちゅっかへよ~♪
2006/04/05(Wed)


엄태웅님
생일 축하합니다~
중요한 날을 함께 축하 할 수 있어 매우 행복합니다。

훨씬 행복하고 있어 주세요・・
この記事のURL | オム・テウン | CM(5) | TB(0) | ▲ top
『復活』前夜祭!
2006/04/04(Tue)

<画像出所:『復活』公式HP>


いよいよ明日4月5日テウン君の32歳のセンイルに、スカパーso-net749にて『부활』の放送が始まります。
韓国で"復活パニック"と呼ばれる社会現象を巻き起こしたこのドラマ・・首を長~~~くして待っておりました!!


テウン君との出会いは・・皆さんご存知の通り『쾌걸춘향』
何気なく観始めたこのドラマで、ビョン・ハクト役を演じるテウン君に間違いなく一目惚れ(笑)
そしていつもの如く検索の旅へと・・そこで彼の代表作となった『부활』を知りました。

ビョン・ハクトとはまったく違うテウン君に会える・・すでにドキドキワクワクの状態です(笑)
これから半年間、"復活パニック"と呼ばれた訳を、この目でしっかりと確かめたいと思ってます。
そしてこのブログを訪れてくれる皆さんにも、「観てみたい!」と思っていただけるようなレビューを書けたらなって思います。

スカパーが観れる環境の皆さん!
第1話は、水曜、土曜ともノースクランブルなので、ぜひぜひご覧下さい!


so-net番組紹介

4月5日(水)放送開始
水曜:6:00、14:00、22:00
土曜:8:30、16:30、深夜0:30



<画像出所:『復活』公式HP>
この記事のURL | 『復活』 | CM(4) | TB(1) | ▲ top
後姿でも・・
2006/04/03(Mon)

<画像出所:3asian>


6人揃うとやっぱり嬉しいなぁ~
兄さんも元気そうだし、まずは一安心

は5/13・14の2日間、ソウルバンイ洞オリンピック公園体操競技場で開かれる予定のソウルコンサートのポスター用写真(・・多分
ぼちぼち8集ジャケットサジンもお披露目のようだし・・楽しみ

innolife
この記事のURL | SHINHWA | CM(2) | TB(0) | ▲ top
『オールド・ボーイ』
2006/04/02(Sun)

<画像出所:『オールド・ボーイ』日本公式HP>


またまたチングのご好意で2004年カンヌ国際映画祭グランプリ受賞作品『オールド・ボーイ』を観る事ができました。(こまうぉよ~観たい観たいと思いつつ、T○UT○Y○に行くのが面倒くさくて

*あらすじ
妻と一人娘を持つ平凡なサラリーマン、オ・デス。彼はある日突然何者かに誘拐され、小さな部屋に監禁されてしまう。テレビもあり食事も与えられるが、理由は決して明かされなかった。そのまま15年間監禁され続けた後、突然解放されたデス。いったい誰が、何の目的で? デスはふとしたことから知り合った若い女性ミドの助けを借りて、監禁した相手の正体を探り始める。そしていつしかミドはデスに愛情を抱くようになる。そんな2人の前に現われた謎の男ウジンは、“5日以内に謎を解き明かせ”と、互いの命を賭けた“ゲーム”を提案するのだった。


めちゃめちゃ面白かったです!
デスが何故?監禁されなければならなかったのか?
何故?突然開放されたのか?
最初はまったく全く先の読めないストーリーで・・でもその謎が全て解けた時、あまりの悲劇に

「まさかぁぁぁ~~~・・」

と頭を金づちで打たれたような衝撃を受けました

デス役のチェ・ミンスク氏、ウジン役のユ・ジテ氏の演技は素晴らしかったし、ミド役のカン・へジョン嬢の熱演もとても良かったです。

これはぜひ多くの人に観てもらいたいな~と思いました。
あっでも途中目を覆いたくなるシーンが何箇所かあるんで、血生臭いのが苦手な人にはあまりお薦めできないかも・・。

予告編
この記事のURL | 韓国映画 | CM(5) | TB(0) | ▲ top
『Sad Movie』 *ネタバレ有り
2006/04/01(Sat)

<画像出所:『Sad Movie』公式HP


4組のカップルの別れを描いた映画『Sad Movie』(監督:クォン・ジョングァン)

秋公開&日本版DVDを待つつもりでいたんだけど、テヒョン君ペンチングのご好意で(こまうぉよ~
韓国版DVDを観ることができました。
(英語字幕のため、英語力のない私には100%理解できたとはとても言えませんが

*あらすじ
熱血消防官ジヌ(チョン・ウソン)はとても愛する彼女、スジョン(イム・スジョン)と永遠に一緒にいようと素敵なプロポズを準備しようとするが、愛情表現が下手なこの男、いつも機会を逃してしまう。そんな中、火の中に跳びこむ恋人ジヌのために毎日雨を待つスジョンの不安は大きくなって行くばかり…。

フリーター3年目、ハソク(チャ・テヒョン)はスパーリングのバイトでデート費用を儲けなければならない哀れな生活。ある日恋人のスギョン(ソン・テヨン)は冷ややかに別れ話を始める。
ハソクは貧しさに疲れた彼女の心を取り戻そうと、別れを代わりに伝える別離エージェンシーを始める。彼は、他の恋人たちに別れを伝えながら、自分の愛を守ることができるか?

いつも忙しいママ・チュヨン(ヨム・ジョンア)は、小学生の息子フィチァン(ヨ・チング)がますます捻くれて悩み苦しむ。嘘の絵日記にわざわざ間違う書き取り…先生に呼ばれる事もだんだん多くなった。そうしたある日、自分が息子と過ごす時間があまり残っていないという事実が分かるようになって…息子にやってあげれなかったことがあまりにも多いママと、困りもの息子の少し遅れた..しかし美しい仲直りが始まる。

顔にやけどを負った聴覚障害者スウン(シン・ミナ)は、遊園地で初めて胸ときめいた初恋のサンウ(イ・ギウ)に会う。声も掛けることができないし、顔も見せることができなくて、周りをぐるぐる回ってばかり、前に出ることができずに気持ちだけソワソワしているところ、事情も分からないサンウは、彼女の顔を見たくてだんだん近付くのだが…スウンは果して、勇気を出して声をかけることができるか?


物語はジヌとスジョンを中心に進んでいきますが、テヒョン君演じるハソクは、すべてのカップルを繋ぐ重要な役割です。
実年齢に近い役柄のためか、いつのも況してテヒョン君の演技が光っているように感じます。

『Sad Movie』と言う題が表す通り、よく泣きましたぁ
でもそれはけして涙を誘うストーリーになっている訳でもなく、それぞれのストーリーすべてに深い別れの意味があったからです。
特に私が心を打たれた場面
◆オンマの病気が深刻であると悟ったフィチァンが雨にうたれながら「オンマ 死なないで・・」と何度も何度も叫ぶシーン・・。
フィチァンの気持ちはもちろんだけど、子供を残して逝かなければならないチュヨンの心情を思うとホント辛かった
◆ハソクの気持ちを、ハソク自身がスギョンに伝えるシーン。
目の前でではなく、遠くガラス越しにしか伝えられないハソクが切なすぎる・・。
◆ジヌとスジョンのカップルのあまりにも悲し過ぎる別離・・これは予想してなかった結末でした。

多少苦言を言うと、4つのカップルの展開が早すぎて・・。
もう少しゆっくりと個々のカップルの展開を楽しめたらな~って感じました。
(でもこれも字幕で観るとまた変わってくるかも・・)

近々メイキングシーンの感想も書きたいと思います。


<画像出所:『Sad Movie』ミニホムピ


<画像出所:『Sad Movie2005』
この記事のURL | 韓国映画 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。